Home

野中郁子のColor Creation!

謹賀新年

  • Posted by: 野中郁子
  • 2014年1月 4日 18:51
  • blog
DSCF68691.jpg

新年あけましておめでとうございます。

今年も穏やかなお正月となりました。

昨年6月に生まれた息子もすくすく育ち
赤ちゃんに夢中生活を送っております。

日々大切に、丁寧に過ごしてゆけたらと思っております。

皆様にとって素晴らしい一年となりますように。



野中郁子

お食い初め

  • Posted by: 野中郁子
  • 2013年9月25日 23:14
  • children
先日息子の誕生後無事100日を迎える事ができ、お食い初めをしました。

DSCF6467.JPG

仕入れた真鯛が家で見ると思いのほか大きく全長45cm。
魚焼グリルには入らず網で焼きました。

巨大な鯛の登場で、一気にお祝いっぽく気分が上がります。

DSCF6471.JPG

お食い初め膳を作りました。
梅干しは私の母が漬けたもの、そしてお赤飯は義母が炊いてくれました。

DSCF6472.JPG

いつもは寝かしつけの時間にかかってしまい
息子は始終ぐずりっぱなしでしたが。。ごめんねー。

準備段階からイベント的になかなか楽しい儀式でした。

そして鯛がそのまま焼鯛でももちろん、後日鯛飯にしたりパスタにアレンジしたりでも
出汁がとても美味しく、かなりいろいろ楽しめました。

まるごと魚の調理、はまりそうです。





花屋 & カフェ ラ プティ フルール

赤ちゃんが生まれてから3ヶ月が経ち、先日はじめて外のお店へ一緒にランチに行きました。
近所の花屋&カフェへ。

DSCF6416.JPG

お花屋さん併設のカフェは、外装やインテリアも店主の趣向や手の温もりが感じられて
とても居心地よくかわいい空間。

DSCF6398.JPG

おむつ替えのスペースなど赤ちゃん連れにも優しいカフェで
その日も子供連れが多かったです。
丁度お隣の席にはうちの子と誕生日が1週間違いの赤ちゃんも♪
子供と一緒でも安心して利用できる雰囲気。

こちらの魅力的なスペースで、様々なレッスンなども行われています。

DSCF6410.JPG

ヘルシーなランチプレート。
セットのドリンクもコーヒー紅茶の他ハーブティもいくつか選べて魅力的。

この後デザート代わりにパンケーキもお願いしたのですが
写真を撮る前に美味しくいただいてしまいました。

ふわふわでとても幸せなお味。
2人でシェアしたのですがボリュームもたっぷり。
おすすめです。

DSCF6403.JPG

赤ちゃんはいつもと違う景色や雰囲気が楽しいのか、ランチの間ご機嫌でいてくれました。
おかげでゆったりランチを楽しめました。ありがとう。

リフレッシュできた一時でした。




3ヶ月が過ぎ

  • Posted by: 野中郁子
  • 2013年9月18日 01:40
  • children
出産してから無事3ヶ月が過ぎました。
やっとほんの少しづつですが、ペースもつかめてきて
赤ちゃんとの蜜月を堪能しております。

先月頃からかよく笑うようになり
最近では反応や表情がより豊かになってきて愛しさ倍増です。(親バカ)

季節も過ごしやすくなってきて、これから外出など一緒にできる事が
増えてくるでしょうか。
楽しみです。

63.jpg

産まれました

  • Posted by: 野中郁子
  • 2013年6月24日 21:28
  • blog | children
DSCF6205.JPG

ご報告が遅くなってしまいましたが、先日無事男の子を出産致しました。

小さな愛しい存在。
つい最近まで私のおなかの中で丸くなっていたなんて不思議です。


めまぐるしい成長と変化がとても新鮮。
そして大泣きや授乳などいよいよ大変で、ここからが本番という感じですが
私自身一歩一歩成長できるようがんばります。

かけがえのない瞬間を大切にしてゆきたいです。





ウィーン少年合唱団

  • Posted by: 野中郁子
  • 2013年5月 7日 08:45
  • blog
DSCF6164.JPG

先日ウィーン少年合唱団の公演へ行って参りました。
東京オペラシティにて。

DSCF6148.JPG

10歳〜14歳の少年達の歌声の波動に癒されました。
特にボーイソプラノの高音に思わず涙。
天使の歌声。

胎教にもよかったでしょうか。
今週からいよいよ臨月。

穏やかな時間が過ごせました。




花まり

  • Posted by: 野中郁子
  • 2013年3月23日 18:50
  • children
DSCF6104.JPG

ベッドメリー代わりに、手持ちのトーナルカラー(色紙)で作ってみました。

折り方の参考にしたのはこちらの本。
多面体おりがみで作る花まり

グラデーションで色が並んでいると、なんとも気持ちがよくて
折り始めたらとまりませんでした。
赤ちゃんが気に入ってくれるかはわかりませんが
私が癒される。

なかなか楽しい時間でした。






Anniversary

  • Posted by: 野中郁子
  • 2013年3月13日 08:59
  • blog
先日、記念日に都内のホテルへショートステイしました。

DSCF6035.JPG

DSCF6015.JPG

近場ながら日常から離れる事ができる空間。
刻々と変わる部屋からの景色にも癒されます。

DSCF6034.JPG

DSCF6067.JPG

DSCF6066.JPG

DSCF6083.JPG

DSCF6091.JPG

DSCF6093.JPG

ゆったり、のんびり。いろいろな意味でパワーチャージできました。

DSCF6026.JPG

今週から8ヶ月目に入り。お腹もだいぶ大きくなってきました。




長崎

長崎の写真を。

DSCF5964.JPG

島原半島、雲仙。

DSCF5958.JPG

有明海のかもめ。

DSCF5981.JPG

長崎市内の水路。

DSCF5974.JPG

風情のある坂の街。

DSCF5977.JPG

大浦天主堂。

DSCF5978.JPG

DSCF5991.JPG

佐世保、九十九島。

DSCF5984.JPG

美しい山と海と港、そして異国情緒と坂道が印象的な長崎でした。



宮崎:高千穂

九州でまだ訪れた事のなかった宮崎と長崎を中心に行って参りました。
まずは古事記など日本神話に縁のある高千穂。

DSCF5926.JPG

名井の滝。

DSCF5917.JPG

DSCF5912.JPG

DSCF5909.JPG

DSCF5911.JPG

自然の造形美が美しい渓谷でした。


大倉山公園梅林

春麗らかなお天気。
大倉山公園の梅が見頃でした。
あたたかな陽射しとほのかな甘い香りが心地よかったです。

DSCF6001.JPG

DSCF6005.JPG

DSCF6003.JPG

DSCF6009.JPG



徳島

徳島県吉野川中流域に位置する渓谷、大歩危峡(おおぼけきょう)。

DSCF5873.JPG

DSCF5874.JPG

DSCF5875.JPG

凛とした空気に清流の流れが綺麗でした。
新緑の季節などまた格別でしょう。
夏にはカヤックなども楽しめるそうです。


DSCF5880.JPG

大歩危峡近くの秘境、祖谷(いや)のかずら橋。
シラクチカズラなどの葛類を使って架けられた原始的な吊り橋だそうです。

DSCF5883.JPG

かずら橋近くの琵琶の滝。
周囲はマイナスイオンがたっぷりでした。

DSCF5700.JPG

そして鳴門海峡を訪れた時は残念ながらぐずついたお天気。
時間が合わずうず潮もはっきり見えませんでした。


とはいえ、駆け足ながら初四国満喫の旅でした。



四国旅行記おわり。



高知市

高知市に行きました。

DSCF5828.JPG

DSCF5815.JPG

はりまや橋。

DSCF5832.JPG

高知城。
梅が見頃で綺麗でした。

DSCF5847.JPG

DSCF5849.JPG

DSCF5850.JPG

DSCF5871.JPG

月の名所と唄われる、桂浜。
目前に広がる太平洋が壮快。

DSCF5867.JPG

龍馬さんの像。


その他鰹の塩タタキや愛媛に引き続き柑橘類が豊富で美味しかったです。
文旦、気に入りました。

DSCF5825.JPG


お次は徳島へ。





高知:四万十川

高知の四万十川にて、清流下りをしました。
気持ちのよいお天気とゆったりとした流れ。

DSCF5789.JPG

DSCF5785.JPG

DSCF5786.JPG

DSCF5792.JPG

DSCF5797.JPG

DSCF5798.JPG

DSCF5800.JPG

雄大な景色。

高知の山は横に連なるようなイメージ。
香川県は円錐型の山が多いそうです。

DSCF5807.JPG

写真ではあまり伝わりませんが、首都圏では中々お目にかかれない抜けるような青い空でした。


お次は高知市内へ。


愛媛:内子町

愛媛県南西部は南予と呼ばれ、内子は山々に囲まれた町。
伝統的な建物や佇まいが保たれています。

DSCF5784.JPG

DSCF5782.JPG

DSCF5781.JPG

DSCF5778.JPG

DSCF5777.JPG

DSCF5776.JPG

黄土や白漆喰で塗り込められた趣きのある壁。
そして大半の建物に人が住んでいるという事が街並をより魅力的にしているような気がしました。


お次は高知県四万十川へ。


Index of all entries

Home

Search
Feeds

Return to page top